わが国の死刑制度を考える 被害者が1人であることを考慮す

わが国の死刑制度を考える 被害者が1人であることを考慮す。殺人罪って死刑のみで良くないですか。【ウマすぎ注意】「被害者が1人であることを考慮すると死刑がやむをえないとは言えないみたいな判決文何度か見ましたけど虫唾が走りますの先生」が読むだけで絶対に仕事が早くなる方法。殺人罪って死刑のみで良くないですか 外患誘致罪は死刑しかないんだし 日本国は国民の命を軽くみてるんですか 最低5年以上の懲役って 5年で被害者の命償えると 「被害者が1人であることを考慮すると死刑がやむをえないとは言えない」みたいな判決文何度か見ましたけど虫唾が走ります 被害者1人の命と加害者1人の命は釣り合わないんですか 被害者のほうが軽いんですか わが国の死刑制度を考える。れた 事件においてこの死刑判決を破棄し無期懲役刑を言い渡している判時
号頁他方,これとは別に。死刑廃止論を憲法レベルで展開するものも
ある,さらには,死刑止を支える重要な柱であるといえなくもない殺事件
最高裁判所判決の基準を勘案して個別情況を項目化すると,被害者の数,殺害方
被害者複数, 強盗強姦殺人成人女性又は未成年女性被害者名。同種前科有り。
神的にも未熟であったことなど被告人のために酌むべき事情を考慮しても,なお
被告人の

37万人月の被害者が1人であることを考慮すると死刑がやむをえないとは言えないみたいな判決文何度か見ましたけど虫唾が走りますを4人でやる話 ?1万1千年生きたSE?【翻訳】。裁判員裁判初の少年に対する死刑判決。こ の判決の要旨は,少年法51条の趣旨に徴すれば,被告人が犯行時18歳に
なって 間もない少年であったことは注4,死刑を選択するかどうかの判断
に当たって 相応の考慮を払うべき事情ではあるが,死刑を回避すべき事情である
とツイッターで誘った9人殺害の被告。ツイッターで連絡を取った人を殺害したとして。強盗殺人などの罪に問われた
白石隆浩被告に。東京地方裁判所立川被害者のうち人は女性で。人は
歳だった。白石被告の弁護士は。被害者は自殺を考えており。被告が殺害
するのを承諾していたとして。死刑にすべきではないと主張していた。判決文
を読み上げた矢野直邦裁判長は。「いずれの被害者も殺害されることを承諾し
ていなかった。被告には完全責任能力があると認定した」と述べた。

殺人罪って死刑のみで良くないですか? 良くないだろうね。被害者の命の方が軽い場合もあるかもしれませんよ。刑法から「尊属殺人罪」が消える切っ掛けになった、《娘が父親を絞め殺す》事件があったんだけど、その理由が娘は14歳のころに実父から犯されて、それからずっと近親相姦の関係を強要されていた。しかも父親との子どもも出産し、育てていた。やがて娘に恋仲の男性ができ、結婚の約束をしたが、それを知った父親が激怒して結婚を妨害しようとした為、熟睡中の父親の首を絞めて殺したという物。熟睡中の父親の首を絞めて殺したのだから、純粋に「殺人罪」が適用になるので、「殺人罪」の条文が死刑一択だったら、この娘も無条件で死刑になってしまうけど、被害者の父親の命の方が、加害者の娘の命より軽いと思いませんか?一人だから死刑にしてはいけない、なんて事はない。というより、被害者一人でも死刑判決は下りてる。…でも、気持ちはわからんでもない。結局、日本は前例主義なんだよ。似たような事件でこうだったから…ってのから抜け出せない。個人的には、人数よりも殺害動機に重きをおくべきだと思うがね。言いたいことは解らんでもない。永山基準に引っ張られて、被害者数が二人以下の場合は死刑判決が出にくくなってるからね。被害者数に関わらず、その犯行の残虐性や動機の悪質性を重視して、死刑を適用する事を躊躇するべきでは無いと思う。>「被害者が1人であることを考慮すると死刑がやむをえないとは言えない」みたいな判決文何度か見ましたけど虫唾が走りますそれねーただ、最近は『やむを得ない場合は死刑』から、『酌量すべき情状がある場合は死刑回避』にシフトして来ているみたいですよ。蛇足~『償い』云々で白熱してたみたいだけど、基本的に刑罰は償いでは無いですよ。検察官や裁判官が言ってるのには、「殺人の罪は何をもってしても償うことが出来る様なものではなく、死刑に処したところで償いになどなら無いが、『せめてもの償いとして』死刑に処する以外に方法が無い」といった感じのニュアンスですね。> 殺人罪って死刑のみで良くないですか?上は死刑から下は5年、酌量減軽も含めると執行猶予まであります。量刑は幅広いですが、それは殺人という行為の幅を表しているとも言えそうです。十把一絡げに死刑とするのは個人的には極論に聞こえます。なお、「刑罰は償いじゃない」と言っている回答者さんがいらっしゃいますが、死刑に関して「生命をもってその罪を償わせる」という表現は、検察はもちろん裁判官も普通に使っている表現です。「被告人のために有利と 考えられる事情を最大限考慮しても,その生命をもってその罪を償わせるしかな い」平成この判決文の最後もそうですね。「その生命をもってその 罪を償わせるほかない。」平成27年7月1日これも。「死刑はいうまでもなく極刑で、犯人の生命をもってして、犯した罪を償わせるものである。」東京高等裁判所刑事二部裁判長裁判官船田三雄.これも。「生命をもって償わせるのが相当」これも。「その命をもって罪を償わせるほかなく」平成上記の通り、検察官のみならず裁判官も刑罰を償いと表現しています。件の回答者さんによると、これらも全て「間違い。または世間への精神論。」なのでしょうかね?被告自身に対する判決の一番大切な部分で、突如「世間への精神論」とやらが登場するものなのでしょうか。そもそも「世間への精神論」って、いかにも取ってつけたような概念ですね。刑事訴訟法のどこかにそういう条文があるんですかね。>「被害者が1人であることを考慮すると死刑がやむをえないとは言えない」みたいな判決文何度か見ましたけど虫唾が走ります同様に感じる時があります。基本はそうだよね、無関係の人を殺したなら当然死刑でよいと思います。問題は関係者の場合は感情など複雑なものがあるから、個別に調べて判断するべきかと日本の法律が犯罪者に甘く日本人の常識や道徳と根本的にズレているのは、明治維新と戦後に欧米に白人国家と同じ法律を押し付けられたからです。「白人は産業革命を起こした優秀な民族だから法律も日本の江戸時代の法律とは比べものにならないぐらい優秀なはずだ!」と思ったら大間違いで、科学や理系の学問は地球上で物理法則は同じなので共有しても特に問題は生じないのですが、文系の学問はその人種の精神構造に大きく関わってくるので、例えば白人が描く抽象画は日本人には価値がわかりません極西と極東の民族ではシロクマとツキノワグマぐらい性格も生態も異なり、必要な社会制度も異なります。白人の法律は「悪人を許しなさいアーメン」「全能の神ではないただの人の集まりにすぎない国が人を裁いてはならない」というキリスト教の教義と「国家権力は魔女狩りをするような暴力装置だからできる限り弱体化させて、厳しく監視しなければならない」という人権思想という考え方に沿って作られています。「汝の敵を愛しなさい。右の頬を叩かれたら左の頬を差し出しなさい。」という言葉を聞いたことがあると思いますが、これは単に他人に優しくしましょうというものの例えではなく、本当に凶悪犯罪者を許しなさいという考え方なのです。?「悪を許さない」「被害者がかわいそう」という正義や道徳は何よりも大事な当たり前のもので、もちろん法律にも反映されているに違いないと日本人は思っていると思いますが、人権思想はそんな正義や道徳よりも個人の国家からの独立の方が大事だという考え方なのです。黙秘権、身体刑の禁止、拷問の禁止、時効、自白を証拠にしてはならない、警察の民事不介入、疑わしきは被告人の利益、十人の真犯人を逃すとも一人の無辜を罰するなかれ等、学校では進歩したすぐれた制度として教わりますが、実際に事件に巻き込まれてみるとそれが被害者の救済を甚だ困難にし、ただ犯罪者を野放しにするだけで日本人が望む社会正義と相反するものであるということが分かると思います。法学者は「国の捜査権や処罰権を拡大したら魔女狩りや初夜権や異端尋問や奴隷売買やポグロムやユダヤ人迫害やスターリン時代の粛清や日系人強制収容やインディアン虐殺やタスマニア原住民族絶滅が復活する」と言いますが、そんなことをするのは遺伝的に残酷で道徳性が欠ける白人だけです。魔女狩りは中世のような昔々の出来事ではなく、欧米ではつい最近までありました。江戸時代以前の日本に似たような出来事はありません。白人はなにかあるとすぐパニック『集団ヒステリー』という白人特有の精神状態に陥り暴動を起こし、戦場では大の男が大声で泣きわめくそうです。ジルドレやエリザベートバートリやダリヤサルトゥイコヴァのような自国領民を大量殺戮する為政者は日本はもちろん中国モンゴルにもいません。中国三大悪女と言われる呂后や西太后は政敵を数人殺しただけなので白人基準で言うと聖人君子のようなものです。戦時中の日系人強制収容やユーゴスラビアの民族浄化も魔女狩りの一種なので、魔女狩りは現代でも白人が少し混乱状態になると起こしてしまう民族病のようなものと言えるかもしれません。ヨーロッパで被差別民族だったユダヤ人はペストが流行ると「ユダヤ人が毒を撒いたに違いない!」と証拠もない冤罪で死刑にされたり、「キリスト教に改宗すれば許してやる。」と言われて改宗したユダヤ人に対して「内心ではキリスト教を信じてないに違いない」と言いがかりで死刑にされたりしていました。ちなみに昔の日本で伝染病が流行った場合は「不幸な目に合った人の祟りに違いない!」ということになって速やかに対象者の名誉回復措置がなされ、怒りを鎮めるための盛大な祭りが行われます。上の「黙秘権~疑わしきは被告人の利益」までの過度なまでの犯罪者の保護規定や、弁護士制度、思想良心の自由、信教の自由、ヨーロッパでの死刑廃止などの「人権」は今や世界一の金持ちとなって法律に口を出せる立場になったユダヤ人が二度と「人間」扱いされない迫害される立場に戻りたくないという執念の結晶でもあります。しかし日本では魔女狩りやユダヤ人迫害など、言いがかりで民衆を逮捕、虐殺する為政者などはいなかったそもそも単一民族国家に支配者被支配者の対立があるわけがないのです。ので、過剰な犯罪者の保護規定人権規定の押し付けはただ犯罪者を捕まえるのが困難になるだけで迷惑な話です。ヨーロッパだけで勝手にやってればいいことです。なお人権の本体本質はあくまでこの「犯罪者容疑者の自由権」個人主に犯罪者が国家権力から害を与えられない権利です。他に社会権参政権等ありますが、人権という言葉から犯罪者擁護のイメージをカモフラージュするために関係ないものを無理矢理くっつけたようなものです。学校で「いじめや虐待は人権侵害」と習い、それをテーマに人権作文なるものまで書かされ、あたかも人権がいじめや虐待されない権利他人から害を与えられない権利であるかのように教えられますが、その「人権?」は法律用語の「人権」とは実は何の関係もありません。人権は個人主に犯罪者が国家権力から害を与えられない権利なので、国家権力ではない個人が個人に害を与えるいじめや虐待は法律用語の「人権」とは何の関係もありません。憲法 第99条天皇又は摂政及び国務大臣、国会議員、裁判官その他の公務員は、この憲法を尊重し擁護する義務を負ふ↑憲法人権を守るのは国民ではなく公務員だけいじめと人権が関係があるかのように教えられるのは人権という言葉から犯罪者擁護のイメージを隠すための人権派によるウソの洗脳工作活動なのです。※犯罪者の自由権が憲法で守られているのに対し、いじめや虐待被害者を守る法律制度は何もありません。二度と迫害されたくないユダヤ人はその支配する金融とメディアの力を使って世界中で王政を打倒し、道徳を荒廃させ、移民を推進して拝金主義、グローバリズムに世論を誘導しようと策動しているという噂もあります。 ここで日本の法律がキリスト教系でユダヤ人の人権獲得道徳と国家権力の破壊の歴史の影響を受けているのはわかったが、それなら同じ西洋法学のアメリカや韓国にもあるような「懲罰的損害賠償」や「性犯罪者GPS監視」「懲役何百年のような加算式の懲役」「陪審員制度」「裁判のテレビ中継」などを導入できるはずじゃないかと思うかもしれません。しかし戦後日本の法律は占領国アメリカが作ったもので、憲法前文にあるように「日本を二度と戦争ができる国にさせてはならないアメリカに原爆や民間人虐殺の復讐をしたいと思わせてはならない」という目的で作られていることを忘れてはなりません。なので日本の法律は他のキリスト教国よりもさらに犯罪者に有利になっていて、「仇討ち、正義、道徳、正直、祖先崇拝、他人同士の信頼」などの日本人の美徳の芽を徹底的に摘むように作られているのです。なので間違っても「日本は犯罪者を処罰しない不正義の国だ!アメリカは正義が生きていて素晴らしい!」などど礼賛してはいけません。アメリカにある黙秘権は「不利なことをしゃべらなくていい」だけで、取り調べでウソをついたら偽証罪で処罰されるが、アメリカから日本に導入された黙秘権は「ウソをついても何のペナルティもない」というふうに犯罪者により有利に改悪されている 日本は今でも欧米の傀儡国家なので、政治家も官僚も裁判官も日本を良くするためではなく、実はアメリカやユダヤの世界戦略を日本人に広めるために働いています。民主主義、主権在民と言いながら、何十年たっても日本人好みの法律にならないことがそれを示しています。なにもしなければ今後何十年たっても変わることはないでしょう。?例えば有名な尊属殺違憲判決の話を聞いて裁判所に日本人の常識や正義の心が通用し、少しずつでも法律が良くなっているかのように誤解する人がいますが、最近の何のためなのかもわからない再婚禁止期間短縮や非嫡出子の法定相続分平等化の改正と合わせると、改正の方向性は日本の家族制度の破壊で一致していることがわかります。「国や法律に道徳性を求めるほうがおかしい」とすらうそぶく西洋法学、人権思想に支配された現代は我々日本人にとって天道も仏法も絶えた魔王に世界征服された後の世界と言っても過言ではないでしょう。白人とキリスト教、人権思想を日本から駆逐しない限り日本に正義道徳が戻ることはありません。人権思想を排斥して日本を正常に戻すには神道仏教儒教武士道などの日本の考え方が力を取り戻す必要があります。今でもイスラム教の国では欧米からの法律の押し付けを拒否してイスラム法で国家運営しているところもあるので、そこを参考にして、イスラム国家でのイスラム教レベルまで神道仏教儒教武士道の地位が強くなる必要があるでしょう。論語、孟子、大学、韓非子を読んで東洋思想を勉強し、理論武装しておきましょう。この4冊の本を読めば相手が弁護士でも論破できます。修身斉家治国平天下『大学』信賞必罰『韓非子』刑罰は償いじゃないよ?償いとは民事で賠償と補償を言う。刑罰は罰だ。日本語ってのは漢字見れば意味が分かるようにできてるでしょ?刑事訴訟と民事訴訟を一緒にするな。死刑にして償いチャラになるわけないだろ、世の中そんな甘くない。そこを理解してないから質問の論点がズレてるよ。殺人にはいろいろあり、被害者の非、過失が大きいケースも多々。だから、情状というものがないと、江戸時代の主人殺し、夫殺しと同じような裁き方になってしまう。尊属殺人が量刑に関係しなくなった理由は、50年くらい前に栃木で起こった娘が父親を殺した事件で、父親に性行為を強要され、何度も妊娠、出産。加えて度重なる暴行???人生に絶望した挙句、動物同然の父親を殺害。判決は執行猶予だった。親殺しが軽くなったキッカケの事件のように相手を殺さないと自分が殺される。なおかつ、正当防衛のように切羽詰まるとは別の場合を想定してるんじゃない?同じ判決文だけ見てるから、そう思うんだと思いますよ過去に、殺意を持って人を殺した事件で執行猶予になったのがある。 人殺しにも色々あるって事。確かに理解に苦しむね。交通事故や業務上の過失致死以外の犯罪絡みは全て死刑か死刑がやむを得ないなら無期で良いと思うよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*