ドラゴンクエスト ドラゴンクエストの映画がふざけてるとし

ドラゴンクエスト ドラゴンクエストの映画がふざけてるとし。監督はねえ、ドラクエに思い入れは全くなかったんですねえ。サラリーマンのねこ(88歳)がドラゴンクエストの映画がふざけてるとしか言いようがありませんで資産2億円つくった方法のまとめ。ドラゴンクエストの映画がふざけてるとしか言いようがありません 頭おかしんか どう思いますか ドラゴンクエストの映画がふざけてるとしか言いようがありませんの画像をすべて見る。ドラゴンクエスト。ドラゴンクエスト ユア?ストーリーを見たユーザーからの映画の感想?レビュー
?評判などクチコミ情報をグラフィックは凄く綺麗で。ラストまでは忠実に
再現されているが。本作を冒涜しているラストに正直苛立ちそれを隠して視聴
者を呼び込むのは悪質としか言いようがない。ドラゴンクエストはやった
ことがないので終始意味不明な展開が多く。ゲームをプレイした人しか楽しめ
ないのかな?と序盤思っていましたが。そんなことはありませんでした。

お客をお呼びしたドラゴンクエストの映画がふざけてるとしか言いようがありませんが総額19,527円で完璧に出来たお話。映画『ドラゴンクエスト。ドラクエのストーリーをベースにオリジナル要素も入れてもちゃんとドラクエし
てる 名無ヨシヒコはチープでふざけてるがこれドラクエ好きなやつらが
作ったんやろなって思う作りだったがポリゴンバラバラからのラストも音楽の
使い方も鳥山絵でないことも総じて駄作としか言いようがないが。ドラクエ映画ドラゴンクエスト。この映画はドラクエ5をプレイしたことがない子供が観ても楽しめないし。お話
を理解することができません。の感想を踏まえて観に行って「いやぁ?大
傑作でしたねぇ」「巷で言われているようにあそこの演出は原作を尊重できてい
ない悪手でしたなぁ」つまらないとしか言いようがない。映画感想:ドラゴンクエスト。映画感想。ドラゴンクエスト ユア?ストーリーラストについて言いたい5つの
こと — ここで更に拙いのが。「ゲームをしている間主人公
が記憶を消している」という設定を出してしまった点。ふざけるな」と。 改変
部分だのに「こことここはこういう理由で変えました」を劇中で後出し
ジャンケン的に語るのはもう無粋としか言いようがありません。しかも

ドラゴンクエスト。とてもオススメできたものではありませんゲームのファンからはものすごい
勢いで酷評されてるけど。たいしてドラクエに詳しくない自分からすれば。普通
におもしろかったです。せ』の字もないようなペラペラのクソレベルしか存在
せずこいつらを起用した監督は相当の能無しだろうなと考えざるを得ませんで
した。

監督はねえ、ドラクエに思い入れは全くなかったんですねえ。山崎監督は好きだけど、ドラクエより自分を上に持ってきちゃダメですね。ふざけてますよね…。例のオチで館内が凍りつく中、あんなに可愛かったスラリンがおっさんボイス…。魔法陣グルグルを初めて読んだ時ぐらい笑ってしまいました…。そう、ふざけているのです…。ほんと…ガッカリでした…。本日、見て来ましたが映画代捨てた感じです。途中までは良しとしますがエンディング、見るに耐えない。ゲームというのは数千円で平均すると多分1ヶ月以上楽しめるエンターテイメントです。映画はというと1800円で2時間です。消費者からすればゲームはコスパのよい娯楽と言えます。そんなゲームが山崎は憎いのでしょう。ゲームを、ドラクエを貶めたい、ゲームをするやつをバカにしたい、そういう気持ちで作ったのだと思います。多分監督がドラクエやゲームが嫌いなんだろうな?と思いました。あの作りは酷すぎます。多分ドラクエやゲームを映画でディスりたかったんだろうなと思います。ドラクエシリーズの中でも特につまらない作品である5を元にして作られているので、原作が駄作なら映画が駄作なのは当然です。ドラクエ5は最悪の駄作でっせ笑。スーファミ版は3人バトル、パッケージの裏に味方がヒャドを使ってる画像があるのに仲間の誰もヒャドを覚えない製作陣の痛恨のミス、リメイク版はたたかいのドラムというチートアイテムは残しつつ山彦の帽子を廃止して魔法使いを排除するありえない設定。ユーチューブの再生回数の伸びの悪さを見てもわかるしょぼいBGMのオンパレード。戦闘曲がしょぼいのは致命的。戦闘ではなくまるで運動会。魔界のBGMは超絶クソショボで相当面食らった。主人公が使命を忘れて道草を食っているイメージ。魔界よりジブリにふさわしいんじゃないか。題名も『暗黒の世界』じゃなく『魔界の散歩道』に変更しろ。初めて聞いたときは相当面食らった。SFC版になったのにグラフィックのくそしょぼさ。戦闘画面は雲が左から右に高速に移動する異常気象。イオラのパンパンパンパパパパーンってクソダサい。主人公がノロノロ歩きでルラフェンのパルプンテじいさんの所まで行くのに時間がかかり過ぎイライラMAX。杖が最強装備でバギ系しか使えないとかもう主人公じゃない。街中は人間キャラ優先でモンスター排除の住人による魔物差別。ルーラを覚えるのが中盤以降。何それ。奴隷や石像の場面は鬱な展開な上に長時間自由に操作できず相当テンションが下がった。『ビアンカ』のリボンでキラーパンサーを仲間にしたばかりなのに、サラボナで突如であった『フローラ』とかいう女と突然結婚したくなりなぜか火山に指輪を取りに行く主人公に幻滅した。腹立つ程に糞高い宿屋。船を手に入れても浅瀬が邪魔して自由に航行できず、次の行き先が決まっている一本道の糞ストーリー。魔界の狭さにがっかり。親子三代壮大とはでまかせの魔王退治家族旅行。ミルドラースだかカレーライスだかミートソースだか知らないが、ラスボスのネーミングセンスのなさ。エンディングはただ町の人に話しかけるだけ。シリーズ中最低の糞エンディング。天空シリーズの続編だと発売前から大々的にPRしておきながら4との関連がほとんどなく大失望した。俺に言わせればドラクエ5のモンスター仲間集めは作業以外の何物でもない。仲間になる確率が256/1とかアホとしか言いようがない。この知恵袋にも毎週のようにチエリアンならぬチエオクレが「キラーマシンが仲間にならない、プチヒーローが仲間にならない」とわんわん泣きじゃくりながら悩み相談を持ち掛ける。仲間になったかと思えば嫁と娘はルイーダのブタ箱に放り込んで親子三大壮大が崩れだす。このざまじゃあ親子三大壮大ではなく、サルでもかけるポンコツストーリーですね。そして数々の使えないモンスター量産。ひとしこのみなどのバグ技があっても当然反則技は使う気にはならない。5信者は他ナンバリングの難易度?ゲームバランスにはうるさいくせに、何故たたかいのドラムだのひとしこのみなどの完全チート?ゲームバランス崩壊技を肯定するのかもう訳がわかりません。もはやRPGではなくポケモン兼結婚シミュレーションを楽しみたい一部のオタク向けですね笑。ドラコンクエストってプログラムでしょ?プログラムだと分かっていても感情移入し、熱中するわけだから、べつにあれでいいのでは。キャラクターに感情移入してきた、プレイヤー観客に対する冒とくだと思います。妻や子どもが、ただの虚構で、プログラムでしかなかった。こんな興ざめはありません。ゲームに限らず、映画?漫画?小説?劇のすべてを否定する、最低のラストです。「このラストが斬新だ!」と本当に思ってそうしたのならインタビューを見る限りそのようですか、監督としての不見識を恥じるべきではないでしょうか。もし尺や予算の都合で物語を打ち切らざるをえなかったのであれば、そのことを素直に詫び、責任をもって物語を完結させていただきたい。RPGをプレイしていて、ラスボス直前で「これは作り話。ここで終わり」と言われても、それはゲームとして、商品として成り立っているとは言えません。魅力のあるキャラクターに感情移入していましたが、あのシーン後に見たビアンカは、ただの人形であり、無機質なロボットでした。テレビシリーズ等でドラクエⅤを再度映像化していただきたい。「ドラゴンクエスト アベル伝説」も、打ち切りという終わり方でしたが、後に打ち切りラストはなかったことにして第二部がつくられ、無事に大魔王バラモスを勇者が打倒して完結しました。この打ち切り状態で不完全燃焼の映画も、きちんとミルドラースとエンディングまでを描き切って完結させる義務が、スクエニにはあるのではないでしょうか。それがこの映画で、傷つけたファンに対する贖罪だと思います。頭おかしんですね!愛だなんだとか言ってますが余計なお世話ですよ!独りよがりの愛の押し付けは最高に不愉快です!大正解。しいて言えば「このふざけた映画で、どれだけ多くの人が本気でドラクエ好きだったか」が分かったのが唯一の収穫かなと。ドラクエの世界に入れると思いきや、まさか追い出されるとは思いませんでした。好きの反対は無関心つまり嫌いでは無いんでしょうね

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*