信濃型航空母艦 空母信濃が撃沈されていなかったら日本は勝

信濃型航空母艦 空母信濃が撃沈されていなかったら日本は勝。信濃が空母として姿を現したのは1944年の11月19日。【保存用】良い空母信濃が撃沈されていなかったら日本は勝ってましたかは、続けにくい。悪い空母信濃が撃沈されていなかったら日本は勝ってましたかは、止めにくい。。空母信濃が撃沈されていなかったら、日本は勝ってましたか 太平洋戦争の教訓勝って驕り。昭和年月の比島沖海戦では戦艦「武蔵」の沈没を目の当たりにし。
続いて月には。横須賀から呉に回航途中で撃沈された空母「信濃」「大和」
型三番艦を建造途中に空母に変更の最期を見届けている。 昭和信濃型航空母艦。そこへミッドウェー海戦で正規空母4隻を喪失したことを受け。失った空母の穴
を埋めるべく急遽空母へと改装されることになったというもので。従来に
なかった新しい発想の空母であったためである。日本空母で飛行甲板に防御を
最初に施したのは 大鳳だったが。防御範囲は信濃が勝っていた。竣工から僅か
日で撃沈されるという不運な艦ですが。 それにしても旧海軍は潜水艦による
被害がとても多いです。学童疎開船の対馬丸が撃沈されるという悲劇も起こり
ました。

空母信濃が撃沈されていなかったら日本は勝ってましたかの美味し過ぎて実は教えたくないウマーな空母信濃が撃沈されていなかったら日本は勝ってましたか 51選【激震】。戦艦大和。大和ならば。「男たちの で立皇嗣の礼を見ましたが。天皇皇后両
陛下と秋篠宮さま紀子さま及び侍従。居住性の高さや食事などの面で優遇され
ていたこともあいまって。他艦の乗組員や陸軍将兵から「大和ホテル」と揶揄
また。他の日本軍の船に救助されたらし … 戦艦大和 ~最後の戦い~ ※ 印
の画像はクリックで拡大します。大和型戦艦番艦を空母に改造した信濃も呉
回航中にアメリカ潜水艦の雷撃で沈没し。結局大和と信濃が合同することは
なかった。秘密だらけ大和型3番艦「信濃」の不運。海自のいずも型ヘリ護衛艦が事実上の空母へ改造されることに決まりましたが。
旧日本海軍では。建造中の戦艦が最大最強空母となるはずだった大和型番艦
「信濃」の。不運すぎる時…戦艦「大和」といえば。旧日本海軍のシンボル
として広く知られています。その日後の月日に発生した「マレー沖海戦
」において。旧日本海軍は航空攻撃により戦艦を撃沈し。これから

4759円台で飲める、本当に美味しい空母信濃が撃沈されていなかったら日本は勝ってましたか。秘密だらけ大和型3番艦「信濃」の不運。海自のいずも型ヘリ護衛艦が事実上の空母へ改造されることに決まりましたが。
旧日本海軍では。建造中の戦艦が空母に改造されたこともあります。最大最強
空母となるはずだった大和型番艦「信濃」の。不運すぎる時間を追います。
戦艦「大和」といえば。旧日本海軍のシンボルとして広く知られています。
真珠湾攻撃」。その日後の月日に発生した「マレー沖海戦」において。旧
日本海軍は航空攻撃により戦艦を撃沈し。これからの海戦を決するのは空母「信濃」の生涯―巨大空母悲劇の終焉。また空母「信濃」の生涯―巨大空母悲劇の終焉 光人社文庫もアマゾン配送
商品なら通常配送無料。この商品を買った人はこんな商品も買っています
たとえ撃沈されなくても大勢に影響はなかったのかも知れませんが。本書は。
日本海軍において建造中の大和型戦艦三番艦を。戦局の変化に伴い戦艦から
航空母艦に設計変更した航空母艦『信濃』を元日本海軍軍人本書は関係者が
多数存命中に執筆されており。現在では聞くことの出来ない証言が多数収録され
ています。

信濃が空母として姿を現したのは1944年の11月19日。10月の”レイテ敗北”で?日本本土への原油の供給が断たれ?もう動かそうにも一番肝心な油が満足にない。11月24日に呉回航が決定した時点に於いても?信濃内部では建造工事が続けられており?高角砲?噴射砲?機銃は?殆んど搭載されていなかった。機関も12基ある缶ボイラーの内8基しか完成しておらず?最大発揮速力も20~21ノット程度という状態であった。動かす油がない呉軍港の”軍艦の末路”を見れば↓一目瞭然?空母信濃が生き残れるような柔軟な頭脳が、当時の海軍や陸軍にあれば、少なくとも、アメリカ相手に戦争を始めるような事はしていなかったと思います。信濃は突貫工事で作られたほとんどオンボロ空母です。中途半端な技術力と中途半端な資金と中途半端な資材だけでしかも短い工期で強引に作られたものです。日本人の技術力の結晶と呼ぶには程遠い???日本人の技術者魂も入ってない!悔しいね???ウィキペデア参照↓信濃しなのは、日本海軍の航空母艦。艦名は旧国名の信濃国から採られた。第二次世界大戦の最大航空母艦だった。 ■概要[編集]軍艦ぐんかん信濃しなのは日本海軍が建造した航空母艦。 マル4計画にもとづき横須賀海軍工廠で1940年昭和15年5月に起工した大和型戦艦3番艦110号艦をミッドウェー海戦以降の戦局の変化に伴い戦艦から航空母艦に設計変更したものである。 1944年昭和19年11月19日、航空母艦として竣工。 11月28日、空襲を避けるため未完成のまま横須賀から呉へ回航される。第十七駆逐隊磯風、浜風、雪風に護衛されて航行中の11月29日午前3時20分、信濃は紀伊半島潮岬沖合で米潜水艦「アーチャーフィッシュ」の魚雷攻撃を受ける。魚雷4本が命中、浸水が止まらず、午前10時50分頃に転覆して沈没した。 竣工から沈没まで艦命は僅か10日間であった。???中略???■進水式[編集] 信濃艦長の阿部俊雄大佐信濃は過労や事故により10名以上の殉職者を出しながら軍艦として形を整えた。軍需省航空兵器総局総務局長大西瀧治郎中将は、110号艦信濃を油槽船に改造し、スマトラ島より燃料を運ぶ計画を立てていた。 8月15日、日本海軍は阿部俊雄大佐軽巡洋艦大淀艦長を、信濃艤装委員長に任命する。 8月17日、横須賀海軍工廠に信濃艤装員事務所を設置。 10月1日、阿部艤装員長は制式に信濃艦長となる。 同日附で第一航空戦隊司令官古村啓蔵少将が新設される。当事は雲龍型空母3隻雲龍、天城、葛城という戦力だった。 10月5日、信濃艤装員事務所を撤去。 同日午前8時から8時30分頃、ドックに注水を開始。予定では、ドックに半注水し艦を浮揚、その段階で艦のバランス等を確認?調整することなっていた。その作業中、注水予定10mのところ推定8mまで達したところで突然ドックの扉船が外れ、外洋の海水が流れ込んだ。この海水の奔流に乗って艦体は前後に動きだし、艦を固定する100本以上のワイヤーロープと50本の麻ロープが切れた。これにより甲板上にいた技術士官等が海上に放り出されると同時に、艦首のバルバス?バウがドックの壁面に何度も繰り返し激突する事態が生じ、バルバス?バウと内部の水中ソナー、プロペラ翼端が破損した。 調査の結果、単純なミスが発覚した。扉船内部のバラストタンクへおもりとして海水を注水しなければならない筈が、それを忘れるという人為的ミスであった。バラストタンクへも海水を入れなければならないのに、全く注水されていないという人為的ミスという異説もある。作業ミスではあるが、性急すぎる工期短縮が招いた結果ともいえる。10月6日命名式の予定は延期軍艦籍登録のみ10月6日附。10月8日に命名式は行われ、昭和天皇の代理として米内光政海軍大臣が式場に臨席した。皇族の派遣はなかった。命名式では阿部艦長が「未完成の空母?信濃」と発言しようとしたという。ここに「信濃」は正式に横須賀鎮守府籍と定められた。起工以来約4年5ヶ月が経過していた。 その後は再びドックに戻され、第111号艦の資材を一部使用して修理が行われた。修理は10月23日に終わり、ドックを出て沖合いに繋留された。だが竣工は1ヶ月遅れた11月19日となる。その間、日本海軍最後の大規模艦隊戦であるレイテ沖海戦捷一号作戦が起こり、連合艦隊は壊滅状態となる。しかし仮にレイテ沖海戦に参戦できていても、本艦に乗せる航空機はすでになかった。実際、健在だった第四航空戦隊龍鳳、隼鷹は搭載機がなく、海戦に投入されなかった。横須賀で建造された空母雲龍も同様であり、特攻兵器「桜花」の輸送船として使用され、潜水艦の雷撃で沈没した。第111号艦の資材を流用して航空戦艦に改造された戦艦2隻伊勢、日向も搭載する航空機がなく、通常の戦艦としてレイテ沖海戦に参加した。 同年11月、信濃は航空公試で各種艦載機の離着艦実験を行った。戦況の悪化から東京湾外での実験は危険として湾内で実施、横浜本牧沖から千葉市の沖に向かい、その間に着艦実験をすることになったが、信濃が速いのですぐに千葉沖に達してしまい、何回も往復することになった。11月11日には零戦や天山艦上攻撃機などの在来機、11月12日には横須賀航空隊により局地戦闘機?紫電改を艦上型に改造した「試製紫電改二N1K3-A」や流星、彩雲等による発着艦実験が実施され、いずれも成功を収めている。ただし監督していた川西航空機の菊原静男技師は、信濃乗組員の技量や動作に不安の念を覚えている[149]。これが本艦で航空機が発着艦を行った唯一の事例であった。11月15日、志賀淑雄少佐は信濃飛行長に任命される。 ■呉回航[編集]■会敵前[編集]1944年昭和19年11月19日、公試運転を経て性能審議委員会の承認をうけ、海軍に引き渡される。第一航空戦隊に編入。この時点で、同隊は空母6隻雲龍、葛城、隼鷹、天城、信濃、龍鳳となった。11月24日、連合艦隊司令長官豊田副武大将はGF電令550号にて「『信濃』及び第十七駆逐隊は、『信濃』艦長之を指揮し横須賀発、機宜、内海西部に回航すべし」と命じた。理由は「信濃」の残された艤装や兵装搭載を完成させること、横須賀地区の空襲から大事な「信濃」を守り、呉海軍工廠へ緊急に避難させる為である。当時の横須賀海軍工廠の上空にはF-13B-29の偵察型が飛行しており、近日中に空襲があることが予想されていた。また「信濃」本艦の呉回航を後押しした理由はもう一つあった。その頃の横須賀工廠は徴用工の多用によって人材の減少を招き、ドック本来の整備能力を大きく低下させていたのだ。心配になった日本海軍は代わりに呉海軍工廠で信濃の艤装工事をやるのはどうか、と検討した。海軍の打診に対し大和型戦艦の造船主任である西島亮二海軍技術大佐は、「信濃の残工事艤装は引き受ける」と意欲的だった為、海軍は呉回航を決定したという。その後、西島大佐はこの時の自らの発言を後悔する念を述べている。この時点に於いても、信濃内部では建造工事がまだ続けられており、高角砲、噴射砲、機銃もほとんど未搭載であった。機関も12基ある缶ボイラーの内8基しか完成しておらず、最大発揮速力も20-21ノット程度という状態であった。便乗した工員数は、信濃通信長によれば約1000名である。 呉海軍工廠へ回航に際して航空機は搭載されず、信濃飛行長志賀淑雄少佐も横須賀で待機することになった。しかし甲板士官の沢本倫生によれば、艦上爆撃機機種不明を3機搭載しており、呉で最後の艤装を終えた後は、桜花を台湾へ輸送する予定だったという。この他に、桜花を50機、貨物として搭載していたという説や、震洋数隻を搭載したという説もある。これについて「信濃の出撃が特攻にならなければいいが」という冗談が出たとする証言もある。 信濃を護衛する駆逐艦は第十七駆逐隊の陽炎型駆逐艦3隻浜風司令駆逐艦、磯風、雪風だったが、既に海軍艦艇の水中捜索能力よりアメリカ軍潜水艦の静寂能力が上回る状態であった。また、レイテ沖海戦以来まとまった上陸や休養もなく、艦乗員の疲労や練度不足により、見張りも完全とはいえなかった。艦自体も、2隻磯風、浜風はレイテ沖海戦の損傷で水中探査機が使えず、特に浜風は海戦で被弾し、28ノット以上を出せない状態だった。さらに第十七駆逐隊は、捷一号作戦から日本への帰投時に護衛していた戦艦金剛および同駆逐隊司令駆逐艦浦風を米潜水艦シーライオンUSS Sealion, SS-315の雷撃で沈められ、第十七駆逐隊司令谷井保大佐も浦風轟沈時に戦死、駆逐隊も司令不在という状況だった。 11月25日午後2時過ぎ、第十七駆逐隊浜風、雪風、磯風は戦艦長門レイテ沖海戦で損傷を護衛して横須賀に到着、信濃乗組員は飛行甲板に出て長門隊を出迎えた。この後の信濃側と第十七駆逐隊の打ち合わせでは航路を巡って議論となった。第十七駆逐隊側は潜水艦の待ち伏せを警戒して日本軍哨戒機の応援を受けられる昼間沿岸移動を主張したが、阿部艦長は夜間の21ノット航行で敵潜水艦を回避できると提案を却下している。これは軍令部から対潜哨戒機を出せないという通達があり、信濃自身1機の航空機も搭載していないという事情もあった。また阿部艦長は、潜水艦の脅威よりも、日本近海で活動中のアメリカ軍機動部隊に襲撃されることを恐れたという見解もある。当時信濃主計長であった鳴戸少佐の回想によると、信濃の航路を決定する会議の中、夜間?外洋航海ルートを取る策に対して航海長兼任の中村副長、護衛の駆逐艦長たちは口々に異を唱え、特に雪風の寺内艦長が最も強硬に反対したという。議論の結果、信濃部隊は夜明け前に出航外洋航海の進路を取った。万一アメリカ軍潜水艦が出現しても、満月に近い月のため発見しやすい事を考慮していた。 大井篤海上護衛総司令部参謀によれば、信濃出港直前に連合艦隊慶応大学日吉校舎地下壕から海上護衛総司令部海軍大学校校舎在に電話連絡があり、海上護衛隊にも一応の協力を求めたが、洋上沖合では海上護衛部隊でも協力できず、大井は沿岸ルートもしくは昼間航行をするよう勧めたが、覆らなかったという。以下続く????無理です撃沈されていなかったとしても、載せる艦載機も運用できる艦載機搭乗員もなく、また船体自体も未完成な空母ですから、活動すること自体不可能です既に搭載する海軍機が無いので、信濃の有無は戦況に影響なし。昭和東南海地震M8.0これで、中京地域は空襲と合わせて壊滅的打撃を受ける。五式戦闘機などの生産もこれで停止。空母1隻で勝てるとかどういう発想なんだろうねぇ。ヨーロッパ戦線に決着が付けばアメリカは、大西洋側の部隊も太平洋側に回すぐらいの事やってるぞ。積む飛行機が無く、空母に着艦出来る操縦士が払拭してましたから、空母だけあってもダメでしょう。空母の攻撃力とは、その搭載し運用できる航空機そのものですので。信濃が無くても、天城や葛城はあったし、隼鷹もあったけど、使われることはなかった。航空機を運用できなければ、空母はただデカくて格納スペースの大きな「高速輸送艦」に過ぎなくなるわけですので。いいね、そのぶっ飛んだ発想ε=?д?`*??…。空母信濃、空母としてのそもそものキャパシティはといえば…ぃゃ、あの時期。艦載機ノリのパイロットは;一_一そもそも燃料が?-_-?悲観な雰囲気に精神力さえ低下モードの状況でたった一隻が奇跡の大進撃…どうやってだΣ@◇@;丈夫さを活かし、特攻…幾隻もの敵空母を粉砕?Д?≡?Д??大和以上に爆弾魚雷を受けても尚、突き進み?そういえば、信濃は注水時に浮きまくり一部の建造に携わった方が「呪われてる」と叫んだという逸話もあるが呪いという霊的要素を逆に捉えれば、その霊的パワ~を味方につければ超常能力により…ってどんな展開だΣ?д?lll。たかが一隻で戦争にゃぁ~勝てん。勝つ条件は、σ′?ω?`.???信濃ワシントン上陸…工エエェ?〇? ;ェエエ工!?アルカァ~!しょっぽクン130隻の空母を持ってた敵に1隻で勝負?おまはんが歌舞伎町に行って一度に130人の893を相手に殴り合いするようなもんや空母があっても、艦載機と搭乗員がいない。これでは勝てません。信濃が何隻あっても変わらん。何しろ当時の日本海軍には、空母に離発着できる技量を持つパイロットが足りなかったのだから。ないない、信濃は好きですが、一隻で戦局を左右する程の性能ではありません。また空母という事は艦載機が必要、さらにベテランパイロットが不足している戦争末期ただが潜水艦の魚雷で沈めらている。不沈空母は戦わずして沈んだ、お金と技術と資材の無駄遣いでしかなかった。昭和天皇が米英の飼い狗なのに何があろうと勝てるわけない。空母一隻じゃどうにも。その後また攻撃されたらその時こそ沈んじゃうだろうし。とにかくミッドウェーで空母4隻を一度に失ったことが後々まで尾を引きましたね。南太平洋海戦では米空母を沈めているけど、日本じゃ敵空母一隻沈めれば大騒ぎだけど、アメリカじゃ一隻沈められても大した痛手ではなかったんでしょ。知れば知るほど当時の日米の工業力の差はひどかった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*