宋の時代の館閣校勘というのはどのような官職でしょうかの画

宋の時代の館閣校勘というのはどのような官職でしょうかの画。宋代では宮廷の蔵書は昭文館、史館、集賢院三館と通称されますと三館を総べる崇文院、及び秘閣暦法など公開を禁じられている書を秘蔵に収められています。宋の時代の「館閣校勘」というのは、どのような官職でしょうか 宋の時代の館閣校勘というのはどのような官職でしょうかの画像をすべて見る。

宋代では宮廷の蔵書は昭文館、史館、集賢院三館と通称されますと三館を総べる崇文院、及び秘閣暦法など公開を禁じられている書を秘蔵に収められています。これらは現代で言えば国立国会図書館兼宮内庁書陵部のようなところで、上記の蔵書閣の名前を冠したポストは館職と呼ばれ、有力官僚の推薦を得て内部試験を突破したエリート官僚やエリート候補者が主に任命されました。館職の中でも、例えば昭文館大学士のように○○学士という名前が付く上級館職の場合はトップクラスの高官が帯びる名誉職で実態はありません。それより下の中級~下級館職のレベルになると、書籍の管理や校訂作業、歴史書の編纂、官版の書物の編纂などに従事します。館閣校勘はその中の下級館職の一つで、大体従九品~正九品官ぐらいのエリート候補生が帯び、三館秘閣の蔵書の校訂作業に従事するポストです。館閣は宋の時代の特有な官員組織で、有名な大臣は全部館閣の名誉な官名があります。館閣校勘はその中の一種です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*