AからBCに下ろした垂線とBCの交点をDとする

AからBCに下ろした垂線とBCの交点をDとする。下の図を参考にしてください。AからBCに下ろした垂線とBCの交点をDとするを49年以上使ってきた学生が気を付けていること。AB=10、BC=12、角B=45°の△ABCがある AからBCに下ろした垂線とBCの交点をDとする DCの長さを求めよ
この問題の解き方を教えてください 円。定義 鋭角三角形の各頂点,,から対辺に下ろした垂線の足をそれぞれ
,,とする.したがって,の長さが一番短いとき,すなわちがから辺
に下ろした垂線の足のとき&#;””が一番短くなることがわかりました.最後
の準備鋭角三角形で頂点から対辺に下ろした垂線の足を,辺,
に関してと対称な点をそれぞれ&#;,”,&#;”と辺,との交点を,と
する.278。において,=,=,=√とし,点から辺へ下ろした垂線との
交点をとする。このとき ∠=[ア]/[イ]。∠=√[ウ]/[エ]。=√[オ]
である。 点から直線へ下ろした垂線と直線の交点をと

下の図を参考にしてください。△ABDは直角二等辺三角形なので,3辺の比は1:1:√2です。AB=8より,BD= 8÷√2 = 8/√2=8√2/2 ← 有理化=4√2です。よって,DC= BC – BD=12 – 4√2???答補足BDの長さを求めるときはAB : BD = √2 : 1つまり8 : BD = √2 : 1として,外項の積と内項の積は等しいので√2 × BD = 8×1BD= 8/√2 =4√2としてもよいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*