GS掲示板 第二次世界大戦まで位の潜水艦はどこから魚雷触

GS掲示板 第二次世界大戦まで位の潜水艦はどこから魚雷触。魚雷は魚雷用ハッチから艦内に入れました。なぜかお金が貯まる人が「第二次世界大戦まで位の潜水艦はどこから魚雷触雷日常用品を」にしている 80の習慣【裏テク】。第二次世界大戦まで位の潜水艦は、どこから魚雷、触雷、日常用品を
積み込んでたのですか 第二次世界大戦まで位の潜水艦はどこから魚雷触雷日常用品をの画像をすべて見る。GS掲示板。前述したマリアナ沖海戦の6月19日の第1次攻撃で大鳳は42機。瑞鶴と翔鶴
は43機の攻撃隊を発艦させた。烈風や流星改。彗星や天山などの新鋭機を
カタパルトなしで発進させるとしたら一度に何機くらい飛行甲板に並べることが
いづれにしてもその程度あの海軍力を誇ったイギリスだって。過去から
2005年の現代まで。空母はあっても。空母ふと思うんだがドイツの
シュレジェン型旧式戦艦が第2次世界大戦勃発時。ポーランド侵攻作戦で対地
砲撃に使用された事

魚雷は魚雷用ハッチから艦内に入れました。下写真参照潜水艦による機雷敷設は専用の敷設装備を備えた潜水艦が行いました。基本的に艦の上部で耐圧殻の外側、または耐圧殻を貫いて筒状の機雷収納庫を備え、数十個の機雷を左右2本に並べて格納し、艦の後端から順番に落していきました。収納は後端部から入れて前方に順送りです。今では魚雷発射管から射出します。食料等は上面の人員用ハッチから手作業で収納します。近年の大型潜水艦ではセール部側面に人員用ハッチを備えますが、昔の潜水艦はなかったようです。資料がたくさん残っているガトー級から探してみました。重量物で長物の魚雷は『loading hatch』から入れていたようです。写真のUSS Cubera SS-347は進水は大戦中、通常動力艦です。食料など軽いものは、水兵さんが列を作ってリレー式に手渡しして積み込んでいたようです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*